読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール福岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール福岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

シマブロ定期更新 第10回! ピアノインストラクター和田

お知らせ・その他

皆様こんにちは。イオンモール福岡店・ピアノインストラクターの和田です。
当店で開講している「大人の方の予約制ピアノレッスン」や、楽器購入の際のアドバイス、サポートを担当させて頂いております。日頃のレッスンのことや、ピアノに関することについてお伝えしていきたいと思います。よろしくお願い致します。

ピアノを弾くための…

さて、楽器を弾いている方の手を見てみるとそれぞれ特徴がありますね。例えば、ギター、ヴァイオリン、チェロなどの楽器の方は左手の指先がとても硬くなっているとか、打楽器の方は手のひらにマメができているとか。

ピアニストの人はどうでしょう。

手が大きくて、教わった先生方にもびっくりされることの多かった私ですが…

ドラマー&ピアニスト

バッと広げて10~11度くらいつかむことができます。

ながふじ&わだ

ドラマーでドラム担当の長藤さん。同じくらい広がります。スティックを手元で自在にコントロールするため、さすが薬指と小指の筋が鍛えられています。

そして、「ストレッチをやっている」というベーシストでベース担当の横山さん。

ベーシスト&ピアニスト

うん、確かに広がっています。そして「チョッパー横山」というだけあって親指の筋が発達。すごいです。

いつもお客様に的確なアドバイスをしているピアノ担当の森さん。

ラフマニノフくらいの手の大きさと比べてみるとおもしろいくらいの違いですが、1オクターブの幅が広がれば十分、あらゆる曲を弾きこなすことができます。

もりさん

ピアノを弾いていると段々と薬指と小指の筋が発達してきます。また、そこをトレーニングしていくことがピアニストにとっての課題のようでもあります。なめらかなメロディーやしっかりと鳴る低音を奏でることができ、ピアノ全体の響きを豊かにバランスよく響かせるようにするためです。

手が思うように動かないというレッスンを始めたばかりの生徒さんに、お風呂などで指のストレッチをおすすめし、「必ず広がってきますよ!」と、続けて頂き1年後。最初は半信半疑だった生徒さんが、「先生、伸びてきました!」と笑顔で報告して下さいました。身体っておもしろいですね。

それではまた次回。お読み頂きありがとうございます。

「大人のための予約制ピアノレッスン」のご紹介

http://www.shimamura.co.jp/fukuoka-lucle/index.php?itemid=34685

この記事の詳細、お問い合わせはこちらまで

店名 TEL 営業時間 担当
イオンモール福岡 092-939-1670 9:00~21:00 和田

TOPへ

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.